2012年09月02日

こんな誤解をしてませんか?ダイエット(その2) 2012年9月 Vol.149

ダイエットが続かない自分を、「意志が弱い」と責めたりしていませんか?

過去にやったダイエットが続かなかったのは、おそらくあなた自身に原因があったのではなくて、そのやり方そのものに問題があったと考えるほうが妥当です。そもそも食事を制限させるものが多いですし、運動器具やエステなどは理屈からいっても結果はでません。

では毎食、カロリーや栄養バランスを考えて献立をたてる? そんなこと知識も無いし、面倒で中々続かないと思います。それをやるには、かなり専門的な知識が必要です。

ダイエットはきつく、大変なものだから、意志を強く持ってガンバリズムでやらなければいけないという風潮がありますが、これは間違っています。

スマートフォン ダイ.jpg

●ダイエットが続かないのは、やり方そのものに問題がある。
●大変で努力がいることは誰でも続かない。
●難しくなく楽しく続けられる方法なら、ダイエットも継続できる。



こんなに努力してもやせられないから、体質的に無理と思ってませんか?

努力のしかたや方向性が間違っているからダイエットの結果がでないのです。方法そのものが的を外れていたら、いくらやってもだめですよね。こうして、けっこう“空回り”してるひとが多いと思います。
マスコミにも罪があります。話題性を先行させて、次から次へといろんなダイエットを宣伝してきます。いくら話題性があったからといってダイエットに成功できるのでしょうか?

ダイエットといえども人間のからだの自然なしくみにそっていれば、その方法が自分に合うか合わないか、なんていうことはありません。人間のからだのしくみというのは、ほぼ同じなんですから。
まれに、なかなかダイエットの成果がでないひとがいます。考えられることは、過去に長いあいだ食事制限をしてきて、かなり代謝をおとしてしまっているケースです。
でもそういうひとでも、時間をかければ体質が改善されて、やせることが可能になります。ただ、ひとより時間がかかるということです。

これは誤った方法でダイエットしたために、やせにくい体質を知らず知らずのうちに作ってしまったので、生まれながらの体質によるものではありません。
親が太っているなど、たとえ家系的に肥満しやすいとしても、その遺伝的な要素は3割ぐらいといわれています。つまり肥満の原因の7割は生活習慣なので、その習慣を変えさえすれば、
肥満は改善されるのです。

●努力の方向性が間違っていればダイエットの成果はでない。
●単なる食事制限など間違った方法のダイエ ットでは、代謝をおとし、「やせにくい体質」になってしまう。
●肥満の原因は、いろいろな研究から遺伝の 影響が3割、環境の影響が7割といわれる。


肥満女性 公園 ダイ.jpg


すぐお腹が空くし、食べることばかり考えてしまう自分はおかしいと思ってませんか?

バーガーと少女.jpg

栄養の不十分な食事をしているとそうなる可能性があります。往々にしてコンビニ食、ホカ弁、安価な外食などは、冷凍食品などが多用され栄養バランスが悪く、栄養価の低いものが多いと言われています−その時に、お腹がいっぱいになる食事をしても、ちゃんとした栄養がとれているとは限りません。
こうした食生活を続けていると、からだには常に栄養が不足して、脳では生命の危険と判断して「食欲」をわかせる指令を出し続けてしまいます。

ちゃんとした(栄養バランスの良い)栄養をとらない限り、食欲という脳からの指令が止まることはありません。だから、食べ物が走馬燈のように浮かんで、食べることばかり考えてしまうのです。

バーガーセット ダイ.jpg

ハンバーガーやフライドポテトはジャンクフードといいますね。ジャンクとは「くだらない」「がらくた」という意味です。カロリーばかり多くて栄養価が低く、食べ物としての価値が低いのでそう言われるのです。

食べても、食べてもすぐお腹がすくのも、こうした栄養価の低い食事をしているからです。

この悪循環をたちきるためには、思考を変えて、少しお金がかかっても栄養バランスの良い、栄養価の高い食事をすることです。そうすれば、食欲はすぐにおさまるようになります。
食事においても“安物買いの銭失い”はすべきではありません。まして、体にとって最も大
切なことではなおさらです。

●食べてもまたすぐにお腹が空くのは、栄養価の低い食事のせい。
●安価な食事ばかり追い求めていると太りやすい体質になってしまう。
●食欲の暴走を止めるには、栄養のあるものを食べること。



posted by つうしん at 14:04| Comment(0) | ダイエット